HOME » 服飾小物の買取 » 万年筆・ライター

万年筆・ライター

基本は、機能する状態

万年筆やライターをブランド品買取に出す場合は、基本は機能を損なっていないということが条件となります。万年筆だったら書ける、もしインクが無ければ、インクを補充すれば書ける状態。

ライターだったらガスを補充すれば火がつく状態であることが必要です。でもたまに機能を損なっていても超プレミアな型だったりして売れる場合もありますが、これは「壊れていてもこれがどうしても欲しい」っていうマニア向き。

ヤフオクや楽天などで売ってみる方法になると思います。機能を損なっているものはブランド品買取店では引き取ってもらえないと考えて良いでしょう。非常に古くて価値のある万年筆は骨董品店でも引き取ってもらえるようですが、やはり機能が損なわれていると殆ど値がつかないようです。

万年筆のブランド品買取

モンブランの万年筆は私が良く行くドリームさんで高額です。その他にブランド品買取してもらえそうな万年筆は、ダンヒル、パーカー、セーラー、パイロット、アウロラ、ウォーターマン、S.Tデュポン、オマス、カランダッシュ、シェーファー、ビスコンティ、ファーバーカステル、プラチナ万年筆、ペリカン、モンテグラッパ、ラミーなどがあります。

クロス、ウォーターマン、ティファニーなどの高級ボールペンも引き取り可能なブランド品買取店があるようです。

ライターのブランド品買取

カルティエ、デュポン、ダンヒル、カランダッシュ、ジッポ、グッチなど。オイルライターでもガスライターでも。万年筆もライターも固定ファンがいるので買取が成り立っています。あなたの机で眠っている万年筆やライターが思わぬ掘り出し物になるかも。

ブランド品買取ランキング

買取ショップの選び方

バッグ・財布の買取のコツ

服飾小物の買取

ブランド品高価買取のコツ